フィリピンのセブ島に人気のカジノがあります

フィリピンも他の国と同様、多くのカジノ施設があります。マニラはもちろん、セブ島やミンダナオ島、ダバオにもあって、多くの客がゲームに興じております。セブ島にあるカジノはリゾート地ということもあって服装規定は極めて緩いのが特徴です。とはいえビーチサンダルやスリッパなどのように踵のない靴は、入り口で拒絶されることもありますので控えなければなりません。また帽子やサングラス着用でのプレイは防犯上の理由から禁止されております。

フィリピンカジノには巨大なエンターテイメント型会場も多く、人気が一番いいテーブルゲームはバカラとされています。入場料は無料です。ディーラーや従業員へチップを渡す慣習が定着しています。フィリピンでは入場できるのは21歳以上と決められていますので、入場のときに年齢確認のためにパスポートの提示を求められることがあります。

治安があまり良くないとされるフィリピンですが、カジノのセキュリティは非常に高いです。ただ凶悪犯罪にまでは至らなくても、お金が動く場を狙っての軽犯罪は少なくありません。ゲームに入れ込み過ぎてスリや置き引きなどの被害にあわないために、私物は自分の責任でしっかりと管理することが大事です。