フィリピンカジノでクレジットカードは使えるのでしょうか

フィリピンにも数多くのカジノ施設があります。日本からも観光ついでにそこで遊ぶ人は少なくありません。ただ現地では日本円でプレイすることはできませんので、必ず前もってフィリピンペソかUSドルに両替しておくことが大事です。中にはクレジットカードでチップを購入できるところもあります。

注目のラスベガスカジノホテルランキング&比較・評判←オンラインカジノブログもチェック

もし会場に行く前に両替ができなくても、手数料が若干高くつくものの、会場内には賞金チップを現金とか小切手にかえてくれるキャッシャーがありますので、そこで日本円からフィリピンペソへの両替をすることができるところが一般的です。現地通貨への両替が済んだら、次はディーラーとの間でカジノチップへ両替する段取りになります。ちなみに、同国ではこの両替はすべてテーブル上で行うようにルールづけられています。

テーブルの上にお金を置くことというのは、とりもなおさず、チップ両替の意思表示にほかなりません。自分が選んだテーブルの上にベットする金額の紙幣を置くと、何も言わなくてもディーラーがカジノチップに替えてくれる手順になっているのです。フィリピンを含めてアジア圏に設置されているカジノでは、ベットする金額によってはテーブル上で確認作業が行われることがあります。これは偽札などがないかのチェックのためということと、ディーラーから掛け金の額についてのアドバイスを行うからです。

フィリピンにはカジノのゲームの種類は

フィリピンにも沢山のカジノが存在しているわけですが当然色々な種類のゲームを遊ぶことができるようになっています。しかし、特に大きく変わったような特殊なゲームというのは実はそんなに存在していないのでそこまで気にすることはないです。逆を言えばフィリピンにしかないようなカジノのゲームというのもないわけですからある意味ではそこがネックとも言えるでしょう。

しかし、普通に遊ぶ事ができると言う事は間違いない事になります。ポーカーとかブラックジャックと言った遊びは、基本的に日本ではまだやることができないようになっていますから十分にフィリピンと言う割と近い国でカジノを楽しむことができるというのはかなりありがたい事になります。

当たり前ではあるのですが全てのカジノは公営になっていますから心配する事はないです。怪しい所でゲームをすると言うわけではありませんので安心して楽しむ事ができるのは間違いないでしょう。レートに関してはそんなに高くもないので十分に楽しむことができます。

オンカジ情報最新のおススメはこちら
今人気のクラウンパースについて(バーズウッドカジノ&ホテル)

しかし、大きく儲けるという事もそんなに期待しない事です。ちなみに日本語が通じる所なんかもしっかりとあります。観光客としての日本人はやはり有難いからです。

フィリピンのカジノに初心者が行くときの注意点

カジノと聞くとラスベガスという印象がありますが、世界中にたくさんあり、フィリピンは最近大変人気がある場所のひとつです。フィリピンではホテルパックもあり、初心者が行くことが多いカジノのひとつになっています。フィリピンのカジノは、セキュリティが高いのですが、お金が動く場所なのでトラブルに巻き込まれないように注意する必要があります。

私物をしっかりと自分で管理することが大変重要で、ゲームに熱中するあまりかばんを床やテーブルの上に置いたりすると危険です。同様にポケットにお財布を入れておくことも避けましょう。

オンカジマニアのお勧め記事はこちらで確認
気になるリスボアパレスカジノホテル!

アメリカのカジノでは基本的に服装は自由ですが、フィリピンでは、正装のスーツやドレスではなくても良いのですが、ワンピーススタイルやカジュアルでも良いのでジャケットを羽織るなどラフすぎない服装をしていくことをおすすめします。

中には、ネクタイ着用のところもあるので、初心者ならネクタイにジャケットを羽織っていき、女性なら少しでもフォーマル感がある服装をしておくと、断られずに入場することができるため安心です。パスポートチェックがあるので、パスポートを忘れずに持って行くことも初心者に気を付けて欲しいポイントです。

フィリピンのカジノで人気があるスロット

日本から近く、気軽に行くことができる観光地として大変人気があるフィリピンには、マニラを中心に数多くカジノがあり世界各国からの観光客でにぎわっています。巨大なエンターテインメント型も多く、リゾートとの複合施設にある場合も多いため、ホテル内にある場合もあります。

テーブルゲームの中ではバカラが人気ですが、スロットは賞金が多いので大変人気があります。フィリピンでカジノをする場合には、ディーラーや従業員へのチップを渡す文化があるので覚えておくとよいでしょう。

オカダマニラベイリゾーツカジノホテルってどう?(フィリピン)の記事をまだ見ていない方はコチラもチェック

フィリピンのカジノに入場できるのは21歳以上と決まっています。入場時の年齢確認やメンバーカードを作る際にパスポートが必要になるので忘れずに持って行きましょう。ドレスコードは基本的になく、Tシャツにジーンズでも入場することができます。

他の国では拒否されることがある短パンでも入場することができますが、ビーチサンダルやスリッパなどのかかとがない靴をはいていると入場できないことがあるので注意が必要です。プレイ中に帽子やサングラスを着用することはできないので、かばんにしまっておくことをおすすめします。写真撮影も基本的にできないので誤解されないようにかばんにしまっておきましょう。

フィリピンのセブ島に人気のカジノがあります

フィリピンも他の国と同様、多くのカジノ施設があります。マニラはもちろん、セブ島やミンダナオ島、ダバオにもあって、多くの客がゲームに興じております。セブ島にあるカジノはリゾート地ということもあって服装規定は極めて緩いのが特徴です。とはいえビーチサンダルやスリッパなどのように踵のない靴は、入り口で拒絶されることもありますので控えなければなりません。また帽子やサングラス着用でのプレイは防犯上の理由から禁止されております。

フィリピンカジノには巨大なエンターテイメント型会場も多く、人気が一番いいテーブルゲームはバカラとされています。入場料は無料です。ディーラーや従業員へチップを渡す慣習が定着しています。フィリピンでは入場できるのは21歳以上と決められていますので、入場のときに年齢確認のためにパスポートの提示を求められることがあります。

治安があまり良くないとされるフィリピンですが、カジノのセキュリティは非常に高いです。ただ凶悪犯罪にまでは至らなくても、お金が動く場を狙っての軽犯罪は少なくありません。ゲームに入れ込み過ぎてスリや置き引きなどの被害にあわないために、私物は自分の責任でしっかりと管理することが大事です。

フィリピンのカジノの治安はどうなっているのか

フィリピンのカジノの治安がどうなっているかで気になっている方は珍しくありません。この国は銃規制がゆるいこともあり、一般市民にも銃を所持している方は珍しくありません。こうした事実からもフィリピンでカジノをするのは危険ではないかと考えている方も多いです。

オンラインカジノで稼ぎたい人は必見!
話題!タイカジノが合法化?スロットで大当たり賞金獲得

しかしながらこの国では警備員が銃を持って武装しており、遊技場の中の治安を維持するために日々巡回して警備を行っています。このため入場してしまえば危ない目に合うということは皆無なのです。

フィリピンのカジノで遊んでみたいと思っている方は、中に入ってしまえば安全だということを知ってしまえば、何の問題もなく遊技場で遊ぶことが出来ます。かけている最中に何かトラブルがあった時には、警備員が来て守ってくれるという心強さもありますから、治安が良好ではないこの国でも遊技場の中は安全であると言っても過言ではないのです。

フィリピンの国内には様々な遊技場が存在していますから、それらの中を警備している人が居るということをしれば安心してプレイすることが出来ます。ショットガンや拳銃で武装をした警備員の方がカジノの中にいますので、治安状態は極めて良好であると言えるのが事実なのです。